« ブログを書くことによるサルへのメリット | トップページ | ■創薬特許マーケット »

2006年8月 6日 (日)

ブログを持ったサルの組織に対する態度

旧人類は社会や会社という組織に所属する時には、自分(家族を含む)の身を守るため、生きていくため、と考えていたのが多数だった。

しかし、ブログを持ったサルは社会や組織に所属しても、依存はしていない、という個体が増えてきた。

これはブログを持ったことによるサルの精神構造が変化した現れたと考えられる。

すなわち、ブログは常に自己表現のためのツールであり、インターネットという限定された社会ではあるが、その社会への宣言を日々繰り返していることにより、自己を成長させたいという欲望が強くなったためという報告がある。(by ホーライ)

ブログを日々書いていると、それがたとえ平凡な日々の記録だったとしても、ブログを書き始める前とはサルの対社会としての姿勢が違ってくる。

この姿勢がそのままリアルのアナログな社会でのサルの行動に全て反映しているとは限らないが、全く反映していないとも言えない。

ブログを持ったサルは社会や会社等の組織を自己実現、自分の成長、自分の夢のための『場』として捉えるようになってきたのである。

紙の日記に書いている限りでは、自分の意思表明を世界に対して行っているとは言えないが、インターネット上に存在するブログに自分の文字(あるいは意志や意思、気持ち)を創出することは、意識しているかどうかは別として、社会の第三者に意思を確認してもらう作業なのである。

これがブログを書く意義のひとつである。

« ブログを書くことによるサルへのメリット | トップページ | ■創薬特許マーケット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9277/2955706

この記事へのトラックバック一覧です: ブログを持ったサルの組織に対する態度:

» 変な胸騒ぎ [現役女教師奈保美]
六月に入って少し疲れ気味だったと言う事が原因かもしれませんが、私がうかつでした。六時間目の授業が終わり、職員室に向かい階段を登っていた時のことです。 [続きを読む]

« ブログを書くことによるサルへのメリット | トップページ | ■創薬特許マーケット »