« 来年の4月から社会人になる人へのお奨めビジネス書 | トップページ | ブログを持ったサルに変身する方法 »

2006年8月 6日 (日)

ブログを持ったサル

人間の動物学的生態を解説した本には有名な「裸のサル―動物学的人間像」がある。

もちろん、僕たちは「単純」に毛が無いだけのサルだ。(少なくとも僕は。)

僕の本能的行動はほとんど高尾山にいるニホンザルと一緒だし、理性的行動(があるとしたならば)もせいぜいが上の動物園のチンパンジーと一緒だ。

(一緒だと思っているのは僕のほうだけで、もし、そのことを聞いたらニホンザルもチンパンジーも反対の意を表明するかもしれないが。)

数年前に出た本で「ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊」がある。

もちろん、僕は携帯を持ったサルだ。
だからと言って、高尾山のニホンザルに携帯を持たせたら、そのまま僕になるかというと、そうは問屋がおろさない。

なぜならば、僕はブログを持ったサルだからである。

« 来年の4月から社会人になる人へのお奨めビジネス書 | トップページ | ブログを持ったサルに変身する方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9277/2955676

この記事へのトラックバック一覧です: ブログを持ったサル:

« 来年の4月から社会人になる人へのお奨めビジネス書 | トップページ | ブログを持ったサルに変身する方法 »