« ブログを持ったサルの生態観察 | トップページ | ブログに飽きたサルが示す集団形成 »

2006年8月 6日 (日)

ブログを持ったサルの生物学的形態

ブログを持った(ブログを書いている)サルは通常、群れを作らずに、一人で行動することが多い。

その行動半径はネット内に止まらず、アナログな生活範囲にまで及ぶ。

しかし、ブログを持ったサルの生産物であるブログは一人で行動することもあるが、群れを成すこともしばしばある。

それは「トラックバック」という機能により群れを形作るのだが、ボスザルが存在するという報告は今まで無い。

また、ブログを持ったサルは、自分の意思に関わらず、分類されることもある。

それは「ping送信」やグーグル等の検索エンジンによって機械的に、時には人為的に分類される。

さらに特徴的なのは、旧種のサルの群れとは違い、トラックバックなどで群れに見えるサルたちの間で、しばしば権力闘争があることだ。

通常、従来のサルはボスザルの引退に前後して、権力闘争が始まるが、ブログを持ったサルたちの闘争はいつでも起こりえる。

この群れの特長として上げられることに、同種(あるいは近種)のサルが群れを成すことがほとんどなのだが、最近の傾向としては全く異質なサル同士による一方的な群れ作りも行われるようになった。

これはブログを持ったサルにとって驚異になることもあれば、新しい品種の子孫繁栄のチャンスになることもある。

« ブログを持ったサルの生態観察 | トップページ | ブログに飽きたサルが示す集団形成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9277/2955691

この記事へのトラックバック一覧です: ブログを持ったサルの生物学的形態:

« ブログを持ったサルの生態観察 | トップページ | ブログに飽きたサルが示す集団形成 »