« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年11月26日 (日)

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
伊藤 哲哉

月千円の貧乏アフィリエイター、月百万円の金持ちアフィリエイター。
マインドも違うけど、やり方も違うんです。一体、どんな方法で稼いでいるのか?

本書では稼いでいるアフィリエイターと稼げないアフィリエイターの違いを比較しながら、稼ぐためのテクニック、方法を伝授してくれる。
とても参考になる5人の成功事例も紹介している。

この本を読むと良く分かるのだがネットでの商売とリアル(ネットの外)での商売の基本は同じなのだ。
いかにしてサービスを、商品を相手に伝えるか、ということが一番のポイント。

本書でも「文章の書き方」を丁寧に教えている。それもキャッチコピーのつけ方から紹介文の内容の起承転結まで。
これは「いかにして企画書を通すか?」と同じだ。(所謂ビジネス書の企画書の書き方よりも、ずっとこちらのほうが現実的で参考になって良い。)

ということで、ネットビジネスにもリアルビジネスにも使える一石二鳥の本です。
ビジネス書としても優秀!!

著者の人柄まで伺える真摯な書き方がされていて、さすが月に100万以上も稼ぐ人だと納得した次第です。

最後に・・・・・・どんな商売でも(ネットビジネスでも、アフィリエイトでも)、簡単には稼げません。
本書を読むと、稼いでいる人はそれなりに努力をし、自分自身のスキルを日々、切磋琢磨し、工夫していることが分かります。

やっぱり商売の道は厳しいのだ!(今さらですが。。。。)

■極める!「ホーライ・ブックセンター」
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22

■人生を楽しく、豊かにしてくれる本
http://horai-books.seesaa.net/

■おすすめビジネス書
http://horai-biz-book.seesaa.net/

■お奨め音楽とお薦め音楽とおすすめ音楽
http://horai-music.seesaa.net/

■心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」
http://astore.amazon.co.jp/horaihonoyomu-bungaku-22

■音楽が無ければ始まらない
http://www.geocities.jp/horai_music/index.html

2006年11月25日 (土)

論理力を鍛えるトレーニングブック

本書は、グロービス・マネジメント・スクールの講師の手による論理力のトレーニング本である。
論理の力を鍛える演習本は多数あるが、本書はビジネススキルの向上に焦点が絞られた、より実戦向けのつくりになっている。
   

全体は、論理思考がもたらす仕事の効果や、論理思考を支える手法などを論じた理論編と、ビジネスパーソンが演習課題を実際に解き、それを著者が講評する実践編の2部で構成されている。

理論編では、「帰納法」「演繹法」「MECE(モレなくダブリなく)」「ピラミッドストラクチャ」の4つの「思考のツール」と、それを使いこなすための「So What?(それって何?)」「True?(ホント?)」などが紹介されている。

従来の論理学の概念にコンサルタントの手法を組み合わせている点がユニークで、またツールばかりを強調せず、普段使う疑問詞の役割を重視しているところには好感がもてる。

   
実践編の課題は、「確実に言えることを判断する」「会話をしながらイシューを押さえる」などの5テーマ計18問。

選択肢問題と論述形式の組み合わせで、1つの課題がじっくりと解き明かされている。

会議や会話でテーマや前提の把握が大切なのは言うまでもないが、それを「イシュー」という巧みな表現で照らし出すなど、新しい視点を与えてくれるのが注目である。

   

論理的に考えようとする態度を「屁理屈」「口だけで行動しない」というようなマイナスの評価でとらえることが、日本では普通だった。

ものを考えずに馬車馬のように行動する人が日本企業では評価されたものだが、時代はすっかり変わり、今やビジネスのヒーロー・ヒロインは、パソコンでスマートなプレゼンテーションを操り、多くの人を動かすことができる人になっている。

しかし、見た目のスマートさはパソコンが助けてくれても、提案そのもののスマートさは自分の脳でつくり上げるしかない。

そう思ってあれこれ頭を動かしてみるものの、気がつくと堂々巡りをしていたり、「これは完壁!」と思って提案してみると、鋭い指摘の一言でへこまされたり……。

そんな経験をした人の中から、気がつく人が現れ始めた。

「自分に不足しているのは<頭の使い方>だった!」

これが今、ビジネスパースンの間で論理思考が注目される理由だ。

本書は実際のビジネスパースンに演習を解いてもらい、それを筆者が講評する形で進む(第2部)。

あなたも「バーチャル受講生」といっしょに実際に課題に挑戦し、脳と手を動かし、演習に取り組んでほしい。

ビジネスの基礎体力となる論理思考を大幅に鍛えることができるに違いない。

■仕事の達人になる方法
http://www.geocities.jp/bz_master2006/

■極めつけのホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22

■お奨めビジネスグッズ・ツール・情報等(ブログ版)
http://horai-biz-goods.seesaa.net/

■ホーライ総合情報・サービスショップ(ブログ版)
http://horai-shop.seesaa.net/

■ショッピングサイト横断「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

BGM入門(その1)JET STREAM 週末のカフェテラスで パリ

TOKYO-FM“ジェットストリーム”のコンピレーション・アルバム。

パリをテーマに選曲、同番組でおなじみの渋い声が印象的な城達也によるナレーションが挿入されている。

「遠い地平線が消えて…深々とした‥夜の闇に心を静めるとき。
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを続けています。
まんてんの星をいただく果てしない光の海を…豊かに流れ行く風に心を開けば、遠い星座の物語にも、うかんでくる…夜のしじまのなんとじょうぜつなことでしょう?
光と影に消えていったはるかな地平線も…瞼に浮かんでまいります。
これからのひととき…みなさまのお相手を致しますパイロットは、わたくし城達也です。」だったかな?

センスの良い選曲と、空港から始まる効果音。

そして何と言っても味のある「城達也のナレーション」!!

1度パリに足を運ばれた方は、聴きながら擬似旅行。

そうでない方も、パリの雰囲気がとてもよく伝わるCD。

勿論、普通のBGMとしても最高だ。

「ミスター・ロンリー 」が1曲目だなんて。。。まいりました!

■心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」
http://astore.amazon.co.jp/horaihonoyomu-bungaku-22

■音楽が無ければ始まらない
http://www.geocities.jp/horai_music/index.html

■極めつけのホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22

2006年11月13日 (月)

ウニの遺伝子数の7割はヒトと同じ!!

ウニのゲノム(全遺伝情報)の解読を、欧米の研究チームが完了した。

遺伝子数はヒトとほぼ同じ2万3000個で、遺伝子の70%がヒトと共通していた。

研究チームは「遺伝子レベルでは、ハエや線虫に比べヒトに近い。

このデータは進化の解明につながる」と驚く。

10日付の米科学誌「サイエンス」に発表する。
 

解読によると、ゲノムの大きさを示す塩基数は8億1400万対でヒトの4分の1だった。

チンパンジーとヒトは99%の遺伝子が共通しているが、ハエとヒトは40%とされる。
 
また、今回の解読で、ウニは生まれながらに病原体を認識するよう働く遺伝子をヒトの20倍多い200個以上持つことも判明。

研究チームのカナダ・トロント大の日比野拓研究員(医学生物物理学)は「病原体の感染後に得る獲得免疫を持たないことを反映していると考えられる。

ヒトの感染防御の仕組み解明にも役立てたい」と話す。

 
ウニは、せきつい動物と共通する祖先から5億2000万年前に分かれたと推定されている。

生物の発生過程などを調べる実験によく利用される動物として重宝されている。(もちろん、食用としても重宝されている。)

なお、ウニと僕の脳の遺伝子では99%が共通であり、ひとはこれを称して「頭がウニである」と言う。

■ネットショップを横断する臨床開発担当者のための「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

■ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

■ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
http://www.geocities.jp/horai_bz/

  
◆架空の製薬会社「ホーライ製薬」
http://www.geocities.jp/horai_seiyaku/

■創薬特許マーケット

■創薬特許マーケット
  ↓
http://www.drugtech-patent.jp/j/

日本初の新薬開発に向けた特許流通サイト。

大阪商工会議所が運営している。

以下にサイトに記載されている説明文を転載します。

!===========!

このサイトは、わが国初の創薬シーズ(製薬候補物質)・基盤技術(創薬に使われる技術)、試薬・診断薬に限定した特許流通のマーケット。

大阪商工会議所が会員制で運営します。

マーケットに登録される案件(売り案件)は、製薬企業で開発中止となった創薬シーズや、大学・研究機関、ベンチャー企業等が持つ創薬シーズ、病気の原因となるターゲット蛋白質、基盤技術等の特許技術

売り案件の技術情報は、誰でも閲覧できる一次情報と、マーケットの会員(国内外の製薬企業等)のみが閲覧できる詳細情報に分かれます。

会員は、買い注文を出す(買い案件の登録)ことも可能です。

運営事務局では、会員からの依頼を受け、売買案件をマッチングします。

!============!

10月31日より正式オープンしたばかりで、まだ登録されているのは少ないが、今後は活発になることを期待したい。

大阪商工会議所のアイディアに脱帽です。

■ネットショップを横断する臨床開発担当者のための「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

■ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

■ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
http://www.geocities.jp/horai_bz/

  
◆架空の製薬会社「ホーライ製薬」
http://www.geocities.jp/horai_seiyaku/

« 2006年8月 | トップページ | 2007年2月 »