2007年7月17日 (火)

『この文庫がすごい! 2007年版』の文庫オブ・ザ・イアー2007の第一位&日本ファンタジーノベル大賞受賞作・・・『太陽の塔』

がははは!笑えたぞ!!

のっけからの『キャッチャーインザライ』(ライ麦畑でつかまえて)には驚かされたし、文体は今は懐かしい庄司薫の『赤頭巾ちゃん気をつけて』風だし、知っている人なら37倍は楽しめる。

もちろん、そんなの知らんぞ、という人も楽しめる。(あ~~ぁ、可笑しい!)

『この文庫がすごい! 2007年版』(宝島社)の文庫オブ・ザ・イアー2007の第一位に堂々選ばれただけのことはある。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作でもあるぞ。

どんな内容かというと・・・・・・

私の大学生活には華がない。

特に女性とは絶望的に縁がない。

三回生の時、水尾さんという恋人ができた。

毎日が愉快だった。

しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!

クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。

失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

・・・・・・とまぁ、そんな内容なのだが、内容も、そりゃもちろん、いいのだが、それよりも軽快でユニークな文章とキャラクターの濃さは印象に残り続けるぞ。

うん、満足のいく本でした。

な~~~んにも考えずに楽しむだけのエンタィメント抜群の本です。

楽しめること、この上ない。

太陽の塔

太陽の塔

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

科学入門図書

治験関係者に役立つ本

2007年7月11日 (水)

新入社員への推薦図書100冊 1.早く一人前になるための仕事の覚え方

ここでは、新入社員にお奨めの本、新入社員にこれだけは読ませたい本、新入社員にお薦めの本、新入社員への推薦図書100冊を紹介しています。

転職、就職や、派遣社員、アルバイトとして新しい職場に入った時に、気持ちよく仕事をするためのポイントになるのが「新しい仕事をいかに短時間で覚えられるか」ということ。
 
仕事を早く覚えられれば、職場でもすぐに信頼され組織に溶け込み、重要な役割も任せられるようになり、楽しく(!)のびのび(!!)と仕事ができるようになる。
 
本書では、「仕事覚えが早い人」「飲み込みが早い人」が日ごろ使っている、仕事覚えを加速させる「目からウロコ」のコツを、以下の7つの行動法則に分けて解説している。

1)「聞く」

2)「観る」

3)「話す」

4)「読む」

5)「書く」

6)「体験する」

7)「考える」

以上のように、本書には仕事の基本中の基本が書かれている。

仕事を早く覚えれば、ますます仕事がやりやすくなるし、職場で自分の意見が通りやすくなる。(ますます、仕事がやりやすくなる、というプラスのスパイラルに入る。)
調べたり、探したり、判断を待ったりという時間が減る。(仕事が速くなる。)
自分が良いと思うやり方に仕事を改善できる。(信頼されるようになる。)

本書には、そうなるための方法が書いてあるのだ。

これは、もう新入社員、必読の本でしょう。(実は、これは新入社員を向かい入れる側の人にもお奨めです。ここに書かれていることを教えればいいのですから。)

さらに、この本の良いところは・・・

・目次の字体が大きくて、自分が実践したいと思う箇所が直にわかる

・要点が解りやすい

・文だけではなく、図解での説明がある
 (文字が苦手な人は図解で理解する事も可能)

・図解によって更に深く理解しやすい内容になっている

・参考文献が最終ページに書かれてある(自己啓発にはもってこいだ!)

・短時間で読める内容である

「飲み込みが早いと言われたい」「何回同じことを言わせるの?」 なんてもう言われたくない」という人も必読です!

早く一人前になるための仕事の覚え方

早く一人前になるための仕事の覚え方

2007年7月 6日 (金)

人材開発入門:企業内の教育担当者、社内研修担当者、モニター、CRC教育研修担当者の皆様へのお奨めの本

★企業内人材育成入門

教育担当部署に入ったら、まず、真っ先に読むと良い本。

「企業研修」とは何か? 社内の教育部門に求められているものは何か? という「教育研修担当者」になったら、一度は必ず考えないといけない問題に触れている。

僕がこれまで読んだこの手の本の中では最も「本音」に近いことが書いてあり、提示している方法も具体的だ。

「社内政治」という避けては通れない問題にまで企業研修の本で踏み込んだのは本書が初めてではないだろうか?

トータルで「モニター教育部門」「CRC教育部門」をどう活動させたら良いかという示唆に富んでいる良書だ。

本のタイトルどおり、まさに「入門」編としては、今のところ、本書を越えるものは見つからない。

企業内人材育成入門

企業内人材育成入門

★はじめての教育効果測定―教育研修の質を高めるために

日本において、これだけ「企業内研修」の「教育効果」を体系的に紹介している本は、おそらく本書が初めてだ。(だから本のタイトルにも『はじめての』がついている!)

社内研修の品質管理という手法を紹介し(いわゆるPDSを回転させるやつ)、それを教育研修に当てはめるとどうなるかを考察している。

統計的手法(ただし簡単なやつね)も駆使しながら(もちろん、中には普通のもある)、多くの事例を用いて、「信頼のおける」教育効果の測定方法を紹介してくれている。

これは重宝している。

教育研修は、ただ数こなしてやればいいという問題ではない。

教育研修をやったなら、やったなりの効果が出ないと意味が無い(特に「企業内研修」の場合。)

自分たちの研修方法を見直すためにも、教育研修の質を上げたい人のためにも、お奨めできる逸品です!

はじめての教育効果測定

はじめての教育効果測定―教育研修の質を高めるために

★効果10倍の“教える”技術―授業から企業研修まで

本書は上記の2冊に比べて、より「研修の方法・技法」が詳細に書かれている。
座学や集合研修しかやったことがない人には絶対にお奨めの本です。

いかに「楽しく」「効果的に」学びをサポートするか、というのがここで教育研修部と講師の役割だ。
いかに受講生に研修への興味を持ってもらうか、あるいはどうしたらインパクトのある研修になるか、そして(ここが一番大切なのだが)いかに研修で学んだことを実践に移してもらうかを考察している。

新米講師はもちろんのこと、ベテラン講師も自分の研修スキルをアップするためのヒントが数多く紹介されているので、参考になります。

効果10倍の〈教える〉技術

効果10倍の“教える”技術―授業から企業研修まで

治験担当モニターの勉強法、優秀なモニターになる方法、スーパーモニターの育て方「モニターへの道」

2007年6月26日 (火)

世界に影響を与えたビジネス書・・・「30歳までに読むドラッカー 『現代の経営』」

遅れてくるビジネスパーソンのためのお奨め図書

●世界に影響を与えたビジネス書・・・「30歳までに読むドラッカー 『現代の経営』」

企業に働く者の使命、責任、役割、仕事の方法を説く経営学最高の古典。

経営学を創始しかつ確立した経営学者、ピーター・F・ドラッカーの経営書の3大古典のひとつの最新訳。

経営の、時代がどう変わろうとも変化しようのない基本の部分を明らかにした名著。

「経営学」はこの人から始まりました。と言われると、そんな古い経営の本なんて役に立たないのでは?と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません!

むしろ、現在、経営に関する本は星の数ほど出版されていますが、この本に書かれていないことで、経営の要訣を示している本はどれほどあるだろうか・・・と某大学経営学教授。

時代は変わっても基本は変わらない。

だからこそ新シリーズとしてドラッガーの本が出版されたんだと思います。

そして、そう思っている経済人が多くいるから、この本は今も売れているんでしょう。

30歳までには読んでおきたい本だ。(特に社内の人事異動を見ると「ジェネラルマネジャー」を作る傾向にある会社に入社した人にとっては欠かせない書となることだろう。)

ドラッカー名著集(2)

ドラッカー名著集(3)

ドラッカー名著集2 現代の経営[上]

ドラッカー名著集3 現代の経営[下]

【総合情報、ショッピング】

アマゾンと楽天とドンキコム(ドン・キホーテ)を利用したショッピングプラザホーライ製薬付属「ホーライ屋」

きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ製薬の出店「ホーライ製薬が選ぶ目玉」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)   

【英語に強くなる】

ビジネス英語の達人・堪能者になるためのページ

英語の勉強方法&TOEIC攻略法

英語の達人になるブログ

【仕事のノウハウ】

仕事の達人になる方法

仕事のコツ(上級編)

3秒で分かるビジネススキル

【本・ブック】

世界に影響を与えたビジネス書

自己啓発の本、成功哲学の本 by ホーライ

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

科学入門図書

治験関係者に役立つ本

【音楽】

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

今週のお勧め音楽ブログ

【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)

【有名人・無名人語録】

1日1言、今週の2言

【治験、臨床試験の情報サイト】

架空(仮想)の製薬会社「ホーライ製薬」

臨床試験、治験を考える「医薬品ができるまで」

2007年3月30日 (金)

■新入社員に読んで欲しい本、推薦図書100冊 45.人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術

■新入社員に読んで欲しい本、推薦図書100冊 45.人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術

ここでは、新入社員にお奨めの本、新入社員にこれだけは読ませたい本、新入社員にお薦めの本、新入社員への推薦図書100冊を紹介しています。

◆デキる人がこっそり使っている「心理誘導のルール」が満載の本。

◆実は「わかってほしいこと」ほど、ズバッと言ってはいけません。
 その理由は本書で詳しく説明していますのでご覧ください。

◆ともかく、会話の中でさりげなく「暗示」を使うだけで次のような効果があらわれます。

 ・どんな人とも、コミュニケーションがうまくいく!
 ・「わかってほしいこと」が一発で伝わる!
 ・ますます「頼られる存在」になる!

◆あらゆる場面で人に好かれる「言葉づかい」「表情」「しぐさ」も徹底紹介していますので、人間関係が円滑になり、毎日がどんどん充実していきます。

◆ちょっぴり、こっそり心理誘導してみたい人のためのポジティブなコミュニケーション入門書の決定版です。

コミュニケーションにまつわる悩みは尽きない。
 
どんなに論理的に話しても、キチッと意見を言っても、相手がいっこうに耳を傾けてくれない。
悪くすると反発されてしまい、上手にコミュニケーションをとれない。
ましてや人を動かすなんて、カリスマ性がなければ無理だろう......。

こう思ってしまうのは当然である。

そこで、「暗示コミュニケーション」の登場である。

これは「言葉づかい」「表情」「しぐさ」にちょっと気を配るだけで、人に好かれながら「あらゆる場面」でスイスイと人を動かしてしまう心理術だ。
意識して行っているのか、あるいは数多くの経験をもとに自然と行っているのかは別として、実は、デキる人の多くが「暗示コミュニケーション」を実践している。

 
もしかしたら、暗示という言葉に違和感を覚えたり、難しそうと感じる人もいるかもしれないが、そもそも会話には多くの「暗示」が含まれており、あなたのホンネは丸見えなのだ。 
 
私たちが想像する以上に人の心は微妙で、うつろいやすい。
ちょっとした言動で心が波立ったり、おだやかになったりするものだ。

だからこそ、 「わかってほしいこと」ほどズバッと言うな! このルールを忘れてはいけない。

さもないと人間関係にヒビが入り、話を聴いてもらえなくなる。
人に好かれて、仕事も人生も楽しむには、「暗示コミュニケーション」の存在に気づき、一刻も早く実践することである。

なお、「暗示コミュニケーション」は、人を催眠にかけて騙す方法ではない。

ちょっぴり、こっそり「心理誘導」してみたい人のための、ポジティブなコミュニケーション入門である。

誰でも使える技法であるから、気軽な感覚で使ってほしい。

人は「暗示」で9割動く!

人は「暗示」で9割動く!―人間関係がラクになるコミュニケーション心理術

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本、推薦図書100冊

仕事の達人になる方法

仕事のコツ(上級編)

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

治験関係者に役立つ本

2007年2月 5日 (月)

はずせない『マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術』

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術 Book マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術

著者:ジーン・ゼラズニー
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

製薬会社では会社の死活問題まで左右するプレゼンテーションスキル。

社内の企画会議でもプレゼンテーションは良くやる。
しかも、製薬会社では「新薬承認申請」したあとに、当局との面接審査会でもやる。
そこでのプレゼンテーションの良し悪しで、新薬の審査スピードが左右されるとさえ言われている。
そんな時に、プレゼンテーションの恐さをしる。

僕は職業(講師)柄、プレゼンテーション資料をパワーポイントでよく作る。
その時に、ちょっとしたコツが分かると、実に「理解しやすいプレゼン」になる。

あるいは、考えながら資料を作ることも有る。
つまり、パワーポイントが「考えるツール」に変身するのだ。

ビジネスの場でと~~~っても、重要なプレゼン資料を、いかに多くの人が無造作に作っていることか。。。
そんな人に参考になるのが、この本『マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術』だ。

システマチックにプレゼン資料を作る方法(考えるヒントやアイディアのまとめ方)を実にそれこそ“分かりやすく”図解も交えて解説している。

「いかにプレゼンテーション全体をプロデュースするか」「提案をいかに実行してもらうか」……など等を米国マッキンゼーでビジュアル・コミュニケーション・ディレクターを務めている著者が書いているから、説得力がある。

聞き手に行動を起こしてもらうために、建設的な提案を行ない、提案の正当化をサポートするデータで「説得」する。
望み通りの成果を得る、つまり聞き手にあなたの提案を納得・実行させるためのノウハウが満載だ。

『マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術』……こいつは、ビジネスマン必携の本でしょう。

●米国マッキンゼーのエキスパートが解説する「提案・説得の技術」
本書で解説されているものは【人を動かす技術】だ。

2006年11月26日 (日)

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法

アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法
伊藤 哲哉

月千円の貧乏アフィリエイター、月百万円の金持ちアフィリエイター。
マインドも違うけど、やり方も違うんです。一体、どんな方法で稼いでいるのか?

本書では稼いでいるアフィリエイターと稼げないアフィリエイターの違いを比較しながら、稼ぐためのテクニック、方法を伝授してくれる。
とても参考になる5人の成功事例も紹介している。

この本を読むと良く分かるのだがネットでの商売とリアル(ネットの外)での商売の基本は同じなのだ。
いかにしてサービスを、商品を相手に伝えるか、ということが一番のポイント。

本書でも「文章の書き方」を丁寧に教えている。それもキャッチコピーのつけ方から紹介文の内容の起承転結まで。
これは「いかにして企画書を通すか?」と同じだ。(所謂ビジネス書の企画書の書き方よりも、ずっとこちらのほうが現実的で参考になって良い。)

ということで、ネットビジネスにもリアルビジネスにも使える一石二鳥の本です。
ビジネス書としても優秀!!

著者の人柄まで伺える真摯な書き方がされていて、さすが月に100万以上も稼ぐ人だと納得した次第です。

最後に・・・・・・どんな商売でも(ネットビジネスでも、アフィリエイトでも)、簡単には稼げません。
本書を読むと、稼いでいる人はそれなりに努力をし、自分自身のスキルを日々、切磋琢磨し、工夫していることが分かります。

やっぱり商売の道は厳しいのだ!(今さらですが。。。。)

■極める!「ホーライ・ブックセンター」
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22

■人生を楽しく、豊かにしてくれる本
http://horai-books.seesaa.net/

■おすすめビジネス書
http://horai-biz-book.seesaa.net/

■お奨め音楽とお薦め音楽とおすすめ音楽
http://horai-music.seesaa.net/

■心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」
http://astore.amazon.co.jp/horaihonoyomu-bungaku-22

■音楽が無ければ始まらない
http://www.geocities.jp/horai_music/index.html

2006年11月25日 (土)

論理力を鍛えるトレーニングブック

本書は、グロービス・マネジメント・スクールの講師の手による論理力のトレーニング本である。
論理の力を鍛える演習本は多数あるが、本書はビジネススキルの向上に焦点が絞られた、より実戦向けのつくりになっている。
   

全体は、論理思考がもたらす仕事の効果や、論理思考を支える手法などを論じた理論編と、ビジネスパーソンが演習課題を実際に解き、それを著者が講評する実践編の2部で構成されている。

理論編では、「帰納法」「演繹法」「MECE(モレなくダブリなく)」「ピラミッドストラクチャ」の4つの「思考のツール」と、それを使いこなすための「So What?(それって何?)」「True?(ホント?)」などが紹介されている。

従来の論理学の概念にコンサルタントの手法を組み合わせている点がユニークで、またツールばかりを強調せず、普段使う疑問詞の役割を重視しているところには好感がもてる。

   
実践編の課題は、「確実に言えることを判断する」「会話をしながらイシューを押さえる」などの5テーマ計18問。

選択肢問題と論述形式の組み合わせで、1つの課題がじっくりと解き明かされている。

会議や会話でテーマや前提の把握が大切なのは言うまでもないが、それを「イシュー」という巧みな表現で照らし出すなど、新しい視点を与えてくれるのが注目である。

   

論理的に考えようとする態度を「屁理屈」「口だけで行動しない」というようなマイナスの評価でとらえることが、日本では普通だった。

ものを考えずに馬車馬のように行動する人が日本企業では評価されたものだが、時代はすっかり変わり、今やビジネスのヒーロー・ヒロインは、パソコンでスマートなプレゼンテーションを操り、多くの人を動かすことができる人になっている。

しかし、見た目のスマートさはパソコンが助けてくれても、提案そのもののスマートさは自分の脳でつくり上げるしかない。

そう思ってあれこれ頭を動かしてみるものの、気がつくと堂々巡りをしていたり、「これは完壁!」と思って提案してみると、鋭い指摘の一言でへこまされたり……。

そんな経験をした人の中から、気がつく人が現れ始めた。

「自分に不足しているのは<頭の使い方>だった!」

これが今、ビジネスパースンの間で論理思考が注目される理由だ。

本書は実際のビジネスパースンに演習を解いてもらい、それを筆者が講評する形で進む(第2部)。

あなたも「バーチャル受講生」といっしょに実際に課題に挑戦し、脳と手を動かし、演習に取り組んでほしい。

ビジネスの基礎体力となる論理思考を大幅に鍛えることができるに違いない。

■仕事の達人になる方法
http://www.geocities.jp/bz_master2006/

■極めつけのホーライ・ブックセンター
http://astore.amazon.co.jp/horai46-22

■お奨めビジネスグッズ・ツール・情報等(ブログ版)
http://horai-biz-goods.seesaa.net/

■ホーライ総合情報・サービスショップ(ブログ版)
http://horai-shop.seesaa.net/

■ショッピングサイト横断「ホーライ総合ショッピングモール」
http://ichiba.geocities.jp/horai_shopping_moll/

2005年12月27日 (火)

来年の4月から社会人になる人へのお奨めビジネス書

会社に入っても仕事の「中身」を教えてくれるが、なかなか「要領」まで教えてくれない。

そんな時はどうするか?

それはこちらを参考にしてもらうとしてと。

    ↓

「仕事の覚え方・学び方」(http://www.geocities.jp/cra_crc_study/

ひとつのやり方として自己投資をする。

  ↓

比較.comスクール 講座一括資料請求

さらに頭がいい人の習慣術 実践ドリルでどんどん磨きをかける! Book さらに頭がいい人の習慣術 実践ドリルでどんどん磨きをかける!

著者:小泉 十三
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

他の人が20年かけて蓄積したノウハウ・習慣・コツがわずか880円で買える。

本ってなんて素敵なんだろう。

2005年12月10日 (土)

古今東西の手帖術、されど……

最近、富に目に付くのが『手帖術』。

でも、手帖術が言い出されたのは最近ではない。

今から20年近く前にブームを起こした『システム手帳』の頃もその手の本がよく出ていた。

最近の手帖術の本を読むと、20年ほど前の手帖術とさほど大きく変わっていない。

手帖でビジネスを変える、人生を変える、という発想は大昔から(文字が発明された頃から)有ったに違いない。

一番、大切なのは手帖術を「覚える」ことではなく「実践する」と言うことだ。

そして、それは知的生産のために使われる。

その発想をシステマティックにまとめたのが梅棹忠夫氏だ。
   ↓

知的生産の技術 Book 知的生産の技術

著者:梅棹 忠夫
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今も、1枚には1枚のアイディア、という基本構造は変わらない。

問題は、その組合せにある。

そこからが、本当の勝負だね。